池上 悟

教員紹介

池上 悟(いけがみ さとる)
教授
文学部史学科
文学研究科史学専攻

学位博士(文学)
役職立正大学博物館長
所属学会立正大学史学会、立正大学考古学会、日本考古学史学会(理事)、日本考古学協会(理事)、東国古墳研究会など
専門分野日本考古学
主要研究課題古墳時代研究、仏教考古学研究
担当科目研究指導、考古学演習3、考古学特講3、考古学実習1
研究業績等 立正大学教員情報ページ(池上 悟) 
主な著作等
  1. 横穴墓、ニューサイエンス社、昭和55年
  2. 東国の横穴式石室と横穴墓、甎全舎、平成3年
  3. 日本の横穴墓、雄山閣出版、平成12年
  4. 日本横穴墓の形成と展開、(株)雄山閣、平成16年
  5. 東京の古墳を考える、 (株)雄山閣、平成18年
  6. 石造供養塔論攷、ニューサイエンス社、平成19年
  7. 「東国古墳出土の刃関孔大刀」『栴檀林の考古学』
  8. 「古墳文化の地域的諸相・南関東」『講座・日本の考古学』青木書店
主な論文
  1. 地下式壙、『歴史考古学の諸問題』近藤出版、平成2年
  2. 直弧文系ホウ(にんべんに方)製鏡について、『立正考古』第30号、平成3年
  3. 東国横穴墓の型式と伝播、『おおいた考古』4、平成3年
  4. 南武蔵における古墳終末期の様相、『国立歴史民俗博物館研究報告』44、平成4年
  5. 東国古墳出土の有茎平根鉄鏃、『武蔵野の考古学』、平成4年
  6. 北部九州出土のフラスコ形提瓶、『立正史学』73、平成5年
  7. 下総型宝篋印塔について、『立正大学人文科学研究所年報』31、平成6年
  8. 南関東の家形横穴墓、『王朝の考古学』、平成7年
  9. 古墳時代の石製環状柄頭、『考古学の諸相』、平成8年
  10. 下総型宝篋印塔小考、『立正考古』第35・36号、平成9年
  11. 東北横穴墓型式の成立と展開、『立正大学文学部研究紀要』14、平成10年
  12. 伯耆赤碕出土の泥塔経、『考古学論究』6、平成11年
  13. 銚子砂岩製の六地蔵石幢、『佐原の歴史』1、平成13年
  14. 横穴墓出土の農工具、『立正大学文学部論叢』116、平成14年
  15. 近世墓石の諸相、『立正大学人文科学研究所年報』40、平成15年
  16. 大英博物館所蔵のゴーランド・コレクションについて『立正考古』第41号、平成16年
  17. 朝鮮半島における横穴墓、『宗教社会史研究』Ⅲ、平成17年
  18. 東北横穴墓研究の問題点『考古学の諸相』Ⅱ、平成18年
  19. 前方後円墳名称の変遷、『列島の考古学』Ⅱ、平成19年
  20. モースの古墳研究、『品川歴史館紀要』23、平成20年
  21. 「ガウランドの墓に詣でる」『考古学史研究』創刊号
  22. 「東国後期古墳出土大刀の様相」『立正大学大学院紀要』第27号
  23. 「モースの墓に詣でる」『立正史学』第110号
  24. 「英国墓地四題」『異文化研究』第8号

ページの先頭へ戻る