児馬 修

教員紹介

児馬 修(こま おさむ)
教授
文学部英語英米文学専攻コース
文学研究科英米文学専攻

学歴東京教育大学文学部卒業 昭和49年
東京教育大学大学院文学研究科修士課程修了 昭和51年
学位文学修士(東京教育大学)
職歴金沢大学教養部講師・助教授(S51-59)
東京学芸大学教育学部助教授・教授 (S59-H17)
慶應義塾大学医学部教授(H17-23)現職(H23-)
所属学会日本英語学会 近代英語協会
専門分野英語学、英語史
主要研究課題中英語の統語論、言語変化のメカニズム
担当科目
研究業績等 立正大学教員情報ページ(児馬 修) 
主な著作等
  1. 『ファンダメンタル英語史』ひつじ書房
  2. 『歴史的にさぐる 現代の英文法』(共編著)大修館書店
  3. 『英語の歴史』(共著)大修館書店
主な論文
  1. 昭和55年 "Diachronic Syntax of the Gerund in English and X-bar Theory" Studies in English Literature (English Number 1980) 59-76. 日本英文学会編
  2. 昭和56年 "Word Order Change and Preposition Stranding in ME" Studies in English Linguistics Vol.9.132-44. 朝日出版社
  3. 昭和59年「文法の核と周辺:史的統語論の視点から」 月刊『言語』5月号 102-11. 大修館書店
  4. 昭和62年 "On the Initial Locus of Syntactic Change: Verbal Gerund and its Historical Development" English Linguistics Vol.4.311-24. 日本英語学会編
  5. 平成6年 "On the Unstable Do in the Fifteenth Century" Shuji Chiba et al eds., Synchronic and Diachronic Approaches to Language 45-55. Liber Press
  6. 平成9年 "That-Trace Effects and the 15th-century English" M. Ukaji, T. Nakao, M. Kajita and S. Chiba eds., Studies in English Linguistics: A Festschrift for Akira Ota 1187-1193. The Taishukan Publishing Company
  7. 平成10年 "Verbal Gerund and Its Historical Development in English" Jacek Fisiak and Akio Oizumi eds., English Historical Linguistics and Philology in Japan 153-170. Mouton de Gruyter
  8. 平成13年「周辺的前置詞(接続詞)save, saving の文法化 」秋元実治編『文法化-研究と課題-』73-95. 英潮社
  9. 平成15年 "Embraced Negative Object Constructions in the Paston Letters" Shuji Chiba et al. eds., Empirical and Theoretical Investigations into Language 326-339. Kaitakusha
  10. 平成22年「Hinderなどの動詞補文に見る競合について」(共著)『英語研究次世代に向けて』 ひつじ書房
  11. 「英語学・言語学的視点から見た英語史研究」(『英文学論考』第38輯)

ページの先頭へ戻る