日本語日本文学専攻コース 葉名尻竜一准教授の研究が「東京新聞」と「東奥日報」(青森)に紹介されました。

2021/04/01

日本語日本文学専攻コース 葉名尻竜一准教授の研究が「東京新聞」と「東奥日報」(青森)に紹介されました。

60年安保闘争と恋の歌で脚光を浴びた歌人・岸上大作と寺山修司との関係性をひも解く上で重要な資料を、日本語日本文学専攻コースの葉名尻竜一准教授が発見しました。

現代短歌史の観点からも注目を集める貴重な資料は、姫路文学館で開催された企画展「没後60年記念 歌人・岸上大作展」でも公開。

2月26日(金)の「東奥日報(青森)」朝刊、3月25日(木)の「東京新聞」夕刊に掲載されました。

ページの先頭へ戻る