立正大学文学部オリジナルサイト

交通アクセス 資料請求 図書館 お問合せ 立正大学トップ

教員紹介

名誉教授

速川和男(イギリス文学)
山本澄子(アメリカ文学)
大島芳材(イギリス文学)
仁木勝治(アメリカ文学)

担当教員と専攻・テーマ

氏名
大野 龍浩
教授 Prof. Ohno, Tatsuhiro
専攻
イギリス文学

研究テーマ

作者は何を意図して作品を書いたのか——構造分析やデジタル人文学(文学作品の科学的分析)の手法を用いて、客観的に論証できないか。また、作品に描かれた人生の真理をキリスト教思想の観点から説明できないか。そんな夢を追いながら英国小説を研究しています。

ゼミナール

英語で学術論文を書く際の基本を実践を通して学びます。英語力改善のため、授業は英語で行います。初めは自信がなくても、徐々に慣れていけばいいので、心配無用。

学生へのメッセージ

“Blind belief in authority is the greatest enemy of truth” (Albert Einstein).

研究業績等

立正大学教員情報ページ(大野龍浩)

氏名
児馬 修
教授 Prof. Koma, Osamu
専攻
英語学

研究テーマ

英語の歴史的変化を中心に研究しています。特に、古英語期と近代英語期の中間にあたる中英語期における文法変化のメカニズムに関心があります。

ゼミナール

『英語学概論』・『英語史』では基礎的な知識を学ぶことと同時に、素朴な疑問をたくさん「温めて」おくことを、『ゼミ』ではその疑問を解き明かす努力を、それぞれ大切にしてほしいと思います。

研究業績等

立正大学教員情報ページ(児馬修)

氏名
齊藤 昇
教授 博士(文学) Prof. Saito, Noboru, Ph.D.
専攻
19世紀アメリカ文学・文化

研究テーマ

19 世紀のアメリカ文学界は傑出した文人たちの活躍で彩られていました。その初期にヨーロッパの伝説や風景を題材にしてアメリカ固有の文学を構築したワシントン・アーヴィングやピューリタニズムを背景に人間性の問題を鋭く追求したナサニエル・ホーソーンあるいは、20 世紀初頭に活躍したO・ヘンリーといった作家たちの短編小説を中心に当時の時代性、文学的な特性を研究テーマにしています。

研究業績等

立正大学教員情報ページ(齋藤昇)

氏名
デンドウ・ゲーリー
教授 Prof. Gary, Dendo
専攻
English Education(TESOL : Teaching English to Speakers of Other Languages)

研究テーマ

English Education、Comparative Culture

出身

Santa Maria, California, USA

学生へのメッセージ

Success occurs when opportunity meets preparation.

研究業績等

立正大学教員情報ページ(デンドウ・ゲーリー)

氏名
増田 久美子
Prof. Masuda, Kumiko
専攻
アメリカ文学

研究テーマ

19世紀の女性作家を中心に研究しています。とくに「家庭」という視点から小説を読み解き、さまざまな人種や階級の交差する近代アメリカについて、その文化と社会の形成を考察しています。

ゼミナール

忘れ去られていくものや見落とされていくものに目を配ることこそ、大切だと考えています。丹念に読むことの楽しさを体験しつつ、アメリカ社会の抱える多様な問題について一緒に学んでいきましょう。

研究業績等

立正大学教員情報ページ(増田久美子)

氏名
伊澤 高志
准教授 Assoc.Prof. Izawa, Takashi
専攻
イギリス文学

研究テーマ

17 世紀のイギリスの演劇や詩について、作品が産み出された歴史的・政治的状況に着目しながら研究をしています。また、16 世紀末から現代にいたるまでのウィリアム・シェイクスピアの作品の受容や、翻案作品にも関心をもっています。

ゼミナール

シェイクスピアをはじめとする古典的英文学から現代のポピュラー・カルチャーまで、広くイギリスの文学・文化を研究するための方法や理論について学びます。

研究業績等

立正大学教員情報ページ(伊澤高志)

氏名
中井 理香
准教授 博士(文学)Assoc.Prof. Nakai, Rika, Ph.D.
専攻
イギリス文学・文化

研究テーマ

歴史記述に関する研究。当面は18 世紀イギリスの文学と歴史を対象にしています。フィクションにおける歴史記述の可能性を分析するとともに、歴史書等における物語性についても考察しています。

ゼミナール

イギリスの20 世紀前半と後半にそれぞれ活躍した作家たちの作品を取り上げる。作品を素直に読みながら「なぜ?」と感じた各自の疑問から出発し、そこから意見・思考を発展させていきます。

研究業績等

立正大学教員情報ページ(中井理香)

氏名
萩野 智美
特任講師 Asst.Prof. Hagino, Tomomi
専攻
20世紀アメリカ文学

研究テーマ

アーネスト・ヘミングウェイ作品におけるセクシュアリティや色彩、構図といったものを研究しています。ヘミングウェイの作品は、そこに書かれていることをただ読むだけでは作品理解につながらず、行間を読み、情景を思い描くことが求められます。
その作業は大変ですが、そうすることで今まで見えなかったものが見え始め、文学の面白さや奥深さを実感できます。みなさんも一緒に、文学の面白さや奥深さを感じていきましょう。

研究業績等

立正大学教員情報ページ(萩野智美)

ページのトップへ戻る