大崎2号館

2019年度

文学部論叢

第142号(平成31年3月20日刊行)

論説執筆者
山鹿素行の「治体」をめぐって奥田晴樹
文政期における駿府目付の職務実態-旗本賀保誠教の動向を中心に藤井明広
『三国志演義』二十四巻系後期刊本諸本について中川 諭
エディット・シュタインと共に現存在の有限性を考える村上喜良
「体系」と「経験」の間-「超越論的弁証論への付録」をめぐって湯浅正彦
行為の分節化はどのようになされているのか竹内聖一
メディアにみる近代ドイツの「決闘試合」(下)森田直子
15世紀のラブレターから学べる英語の歴史児馬 修
Rissho University's 2018 Kiso Eigo Classes:
Reflections on the First Four Years
Rose Samuel
送別の辞・想い出の記執筆者
想い出の記村田純一
立正大学の九年間奥田晴樹
短いような長いような六年村井章介
思い出の記片桐雅隆

文学部研究紀要

第35号(平成31年3月20日刊行)

執筆者
鳥取藩池田家における家老墓の様相池上 悟
明治維新史研究と地主制論奥田晴樹
『おもろさうし』選詳解Ⅵ島村幸一
物語る者としての現存在木村史人
「人間」の語られ方-ポストヒューマンの社会学序説-片桐雅隆
仏教系大学の「僧侶」養成とその類型
-立正大学・大正大学・駒澤大学を事例として-
武井順介
Authentic Dialogue and Character Representations in Post-colonial DramasRose Samuel
ウチナーヤマトゥグチのハズについて-「だろう」との比較を中心に-白岩広行

ページの先頭へ戻る