大崎2号館

2015年度

文学部論叢

第139号(平成28年3月20日刊行)

送別の辞執筆者
矢野光治先生のこと湯浅正彦
〔追悼文〕樺山弘盛先生を追悼して瀧口美佳
論説執筆者
風俗から見た『松崎天神縁起絵巻』佐多芳彦
『捜神記』の中のどうぶつ ——「リュウ」と「ヘビ」の表象——矢野光治
浅見絅斎『靖献遺言』に見る顔真卿の節義とその書細谷恵志
エディット・シュタインへの小さな序説村上喜良
自己の同一性とその流動化 ——個人主義化と物語論の観点から——片桐雅隆
デュルケームの自殺理論における家族要因について
——『自殺論』は今日でも有効か——
中井理香
ニック・アダムズにおける死の恐怖とその克服 ——「三発の銃弾」について——萩野智美
Dicto-glossを用いた授業の実践報告
——その効果と課題について——
瀧口美佳
Liberal Arts Majors and Competent English Speakers: ——Educating the Mind Developing Global Students in Japan——Rose Samuel

文学部研究紀要

第32号(平成28年3月20日刊行)

執筆者
大区小区制と町村
——栃木県鹿沼の事例——
奥田晴樹
『おもろさうし』選詳解Ⅲ島村幸一
Loving and Knowing ——On the interpretation of the Repblic V:474b3480a13——田坂さつき
台湾油症事件に関する調査研究レビュー堀田恭子
Issues in Japanese Unicersity English Language Progeam DevelopmentGary Dendo
An Intra-Rask Washback Investigation of a Speaking TestTodd Armstrong
「精神」という概念について ——「精神医学と価値の問題」を契機として——松永澄夫
哲学教育におけるピア・ラーニングの実践例木村史人
英語辞書指導に関する一考察 ——辞書指導のための基礎データ(2016年度大学生約600人分)と考察——時國滋夫
英語多読教材に見られるコミュニカティブ表現の分析瀧口美佳
Second Language Acquisition in Japan: A Focus on Motivation in University ClassroomsSamuel Rose

ページの先頭へ戻る