大崎2号館

社会学会

立正大学社会学会は学科卒業生の同窓会的機能を持つと同時に、学部生・大学院生・学科専任教員の研究活動機関たることを目指したもので、2001年に立正大学社会学・社会福祉学会の改組・名称変更により発足しました。

研究発表のメディアとして2002年には、新装の『立正大学社会学論叢』第1号(通巻35号)が発行されました(現在、第9号まで発行)。これを通して投稿論文のほか大学院生の研究業績や学部生の卒業論文を発表しています。

その他、学会の新しい主題の理解を広めるための公開講演会、総会の開催を年中行事とし、また、2001年からはホームページを立ち上げ、学科・学会に関する情報を積極的に発信しています。

今後は卒業生、学部生、大学院生、学科教員の研究・交流の場として、さらなる活動の充実と活性化を図っていきたいと考えています。

学会会則

下記よりファイルをダウンロードしてご覧ください。

入会案内

学会誌『立正大学社会学論叢』年1回発行・配布、総会年1回、適宜公開講演会開催
学会事務局:立正大学社会学会
アドレス:s_gakkai[at]ris.ac.jp
※SPAMメール防止のため「@」を[at]にしてあります。 送信するさいは[at]を「@」に変更して送信して下さい。携帯電話から送信の場合は「ドメイン指定」を解除してください。

ページの先頭へ戻る