大崎2号館

人文科学研究所の紹介

人文科学研究所長 北村行遠    人文科学研究所長 
       北村行遠

立正大学人文科学研究所(人文研)は1960年に設立されてから今日に至るまで、文学部教員の研究を促進し切磋琢磨する場として発展してきました。研究所の目的は、「人文科学に関する調査研究を行い学術の進歩発展に寄与すること」とその規程に高らかに謳われています。具体的には、4学科2専攻という多様な専門領域の研究者によって構成される文学部のメリットを生かし、学科・専攻を跨がる複数の教員が共同して一つのテーマのもとに学際的・総合的な研究を行うもので、これは人文研の最大の特色となっています。また、人文研は共同研究とともに個々の多様な研究に対しても支援しており、そうした多様な調査研究から生まれた成果の発表を通して相互に啓発し合うことが日常的かつ重要な活動となっています。これらの研究と活動の成果は、人文研の機関誌、『立正大学人文科学研究所年報』と『同、別冊』として公刊されています。なお、人文研の研究発表会と共同研究活動への参加、および機関誌への論文投稿は、大学院博士後期課程在籍者および研究指導修了者も可能となっており、門戸は広く開放されています。

ページの先頭へ戻る