文学部長メッセージ

2020/09/16

第2期を迎える立正大学文学部の皆さんへ

 
 残念なことに第2期の授業も、立正大学は原則オンライン授業にせざるを得なくなりました。文学部としましてもこれに従い、単位取得にどうしても対面授業を実施しなくてはならない実習系の授業等を除いて、オンライン授業を継続することにいたしました。大学のホームページ(9月7日付「第2期授業における対面授業の一部実施について」)に発表されていますように、小中学校や高校とは違って大学は格段に学生数が多く、受講生数が多い授業が多数開設されています。そのため、ソーシャルディスタンスを保ちながら対面授業を行うことが難しく、さらに学生の通学距離が長いことを含めた学生それぞれの活動範囲が広いことを考慮しなくてはならない事情もあります。もしキャンパスに通う学生から感染者が出てしまった場合、相当な影響を考えなくてはなりません。また、感染者が出てそれが治癒できた場合にあっても、後遺症に苦しむ方がおられる事例が報道されているなど、この新型コロナウイルス感染症に関しては、まだまだ正確に判らないことが多くあるようです。そこで、文学部としては、対面授業を行った場合のリスクを避けて、原則オンライン授業のかたちで、なんとかこの第2期の授業を乗り切っていこうと考えました。授業を止めることなく、皆さんが所定の単位を取得し、決められた年限で卒業できるように、ということを第一に考えた措置です。
確かに、入学式もなく、学科・専攻コースの教員との顔合わせがある新入生のガイダンスも中止になり、サークル活動等も出来ない状態が続いているなか、キャンパスライフに胸を膨らませていた一年生の皆さんにとっては、たいへんに辛く不本意な学生生活になってしまっていると思います。これは私たち、文学部の教員、職員にとりましてもまったく同じ思いです。ただ、この9月の半ばである今の状態をみましても、東京のコロナウイルス感染症の状況は安心できる状況にあるとはいえません。昨年までのように、対面による授業が行われる方がよいに決まっていますが、同時に、この第1期、オンライン授業をやってみまして、毎週皆さんから課題を提出していただくことにより、皆さんが考えていることをより深く知ることができたという感想も持っています。ポータルサイトの授業での「振り返り」等の遣り取りで、皆さんとの意思疎通がはかられ、課題への一層の理解が出来たということです。対面授業を行うことが難しい現在、オンライン授業の長所をなるべく活かしながら学修を継続していくことが必要だと考えています。
新型コロナウイルス感染症のこの状態は変化していくものと思います。大学としましても、また文学部といたしましても、状況を見ながら大学施設の利用拡大(現在でも、事前申請のかたちで図書館は利用できます。また、文学部の施設である社会調査実習室は利用に向けて準備しています)や対面授業の緩和、あるいは一年生に向けた学生同士の交流を促す機会を企画する予定です。どうか、第2期の授業を迎えるこの時期にあっても、決して油断することなく健康の維持と学修の継続に努めてください。

2020(令和2)年9月16日
文学部長 島村 幸一

ページの先頭へ戻る