• ホーム >
  • 新着情報 >
  • 「生殖におけるゲノム編集技術」を考える ~親はどこまで子どものことを決めてよいのか?~」 開催

「生殖におけるゲノム編集技術」を考える ~親はどこまで子どものことを決めてよいのか?~」 開催

2019/12/24

 立正大学文学部哲学科の田坂さつき教授が、横浜市内福祉施設で行われる
日本学術会議哲学委員会「いのちと心を考える分科会主催のサイエンスカフェ
で「生殖におけるゲノム編集技術を考える」」にて登壇します。
 
詳細

サイエンスカフェin 横浜

「生殖におけるゲノム編集技術」を考える
  ~親はどこまで子どものことを決めてよいのか?~」
  
 昨年、中国の研究者が、ゲノム編集という遺伝子操作技術を用いて子どもを
作ったと発表、世界に激震が走りました。以前はSFの世界でしかあり得なかっ
たようなことが急速に現実化している今、生命科学技術を用いて「こんな子ども
がほしい」という親の欲望をかなえることの是非についてみんなで話し合ってみ
ませんか?

話題提供
 日本学術会議24期連携会員 
   立正大学文学部教授  田坂さつき(古代ギリシャ哲学 臨床哲学)
ファシリテータ
 日本学術会議24期連携会員 
   立教大学文学部教授 河野哲也(現象学 教育哲学)

日時 2020年1月11日(土)13:30-15:30
場所 横浜医療福祉センター港南
主催 日本学術会議哲学委員会「いのちと心を考える分科会」(委員長 田坂さつき)
入場無料 

ページの先頭へ戻る