• ホーム >
  • 新着情報 >
  • O.ヘンリー「最後の一葉」 齊藤昇教授 カルチャー講座開催

O.ヘンリー「最後の一葉」 齊藤昇教授 カルチャー講座開催

2018/08/29

日時

2018年10月30日(火) 
13:00~14:30

講師名

立正大学教授 齊藤 昇

講座内容

О・ヘンリーの紡ぎだす物語は、終盤のどんでん返しの鮮やかさと、庶民的な感覚を堅持して、じんわりと心地よい余韻を残し、なおかつ微妙の人間心理や人情の機微を突いて多くの読者の心を捉えてきた。彼の作品を読むと、時に現実との差異を感じながらも、読者は作中人物の喜びや悲しみに対して深く共感して、思わず笑い、涙する。中でも圧倒的な人気を誇る作品と言えば、それは『最後の一葉』であろう。この物語は以下のように進む。
 主人公のジョンシーは、作者が「目に見えない冷徹な侵入者」と表現する肺炎に襲われて、病の床に伏してしまう。彼女のベッドから見えるのは、煉瓦一面の隣家の壁に這う蔦の蔓に残った枯れ葉の「最後の一葉」であった。その一枚の葉が落ちる時、ジョンシーは自分も死ぬものと信じて疑わない。やがて、冷たい雨と風が容赦なく、その一枚の葉を吹き飛ばそうとする。そして、もはや残るのは一枚となった。

お申込み・問い合わせ

朝日カルチャーセンター

詳細はこちら

ページの先頭へ戻る