• ホーム >
  • 新着情報 >
  • 社会学科小宮信夫教授著『写真でわかる世界の防犯』が刊行されました。

社会学科小宮信夫教授著『写真でわかる世界の防犯』が刊行されました。

2017/04/27

『写真でわかる世界の防犯 遺跡・デザイン・まちづくり』
小学館、平成29年4月25日

遺跡や街に見られる防犯の知恵を結集!
世界92か国の遺跡や街並みを徹底分析した、世界初のオールカラー「防犯写真集」。「地域安全マップづくり運動」で日本人の防犯力アップを進める立正大学 小宮信夫教授。

犯罪学者の著者が提唱する世界標準の「犯罪機会論」は、「犯罪は犯行の動機があるだけでは起こらず、動機を抱えた人が犯罪の機会(チャンス)に出合ったときに初めて起こる」というもの。

そこで、機会をうかがう犯罪者が「心理的・物理的に犯罪をやりにくい条件とは」という目線で、世界遺産、住宅や道路、学校や公園、駅やトイレなどを調査。著者自らカメラ片手に、7年間世界を駆け巡り撮影した「安全な景色」の美しい写真とともに、「被害を防ぐ具体的方法」を徹底解説します。
(小学館ホームページより)

ページの先頭へ戻る