哲学科企画「哲Café」(第1回)を実施しました。

2015/11/25

 11月14日(土)、第1回の「哲Café」を実施しました。「哲Café」とは、与えられたテーマに対して気軽にお互いの考えを自由に話し合う場です。第1回目のテーマは「メールと手紙」でした。
 メールや手紙に関して参加者の考えや意見が活発に飛び交い、最後は「そもそも伝えるとは何か?」といった伝えることの本質に迫る話題になりました。2時間では時間が足りないくらい白熱した様子でした。

 こちらの企画は有志の教員や学生がテーマや企画を練っています。当日は学生が中心となって運営をし、司会の担当者は白熱した意見をまとめ、さらに議論が深まる方向に進むよう促すよう工夫しながら進行をしていました。

 次回は12月12日(土)、テーマは「コピー(複製)は/でも、いいのか」です。哲学科以外の学生も大歓迎です。ふるってご参加ください。

 当日の様子は哲学科のFacebookページでも紹介をしています。そちらも合わせてご覧ください。

司会からルールの説明です。司会からルールの説明です。

参加者の意見を集約していきます。参加者の意見を集約していきます。

成果物1:活発な議論の跡がうかがえます。成果物1:活発な議論の跡がうかがえます。

成果物2:「メールと手紙」の話題から「伝えること」の本質に関わる内容になりました。成果物2:「メールと手紙」の話題から「伝えること」の本質に関わる内容になりました。

ページの先頭へ戻る