• ホーム >
  • イベント >
  • 【日文コース】オリエンテーションキャンプを開催しました。

【日文コース】オリエンテーションキャンプを開催しました。

2015/04/29

文学科日本語日本文学専攻コースでは、昨年度より新入生向けにオリエンテーションキャンプを実施しています。

こちらのオリエンテーションキャンプは、「〈大学で学ぶ〉ということを具体的に理解する」ことと
「ともに学ぶ仲間とできるだけ多く知り合う」ことを目的に実施しています。

本年度は4月11日・12日に一泊二日で、熊谷キャンパスにて実施いたしました。

まず、2年生の学生サポーターが企画したアイスブレイクが行われ、「文豪狩り(猛獣狩りのパロディ)」や立正大学や日本文学にちなんだ「○×クイズ」、「バースディライン」など趣向を凝らした企画が続きました。

夜には学生サポーターが「大学生活をどのように過ごすか」についてテーマ別で紹介し、1年生の質問を受ける座談会が行われました。

そして、このオリエンテーションキャンプでは1年生に寸劇の課題が与えられました。
『平家物語』や『竹取物語』、『蜘蛛の糸』など有名作品の「その後」を劇で表現するこの課題は
脚本・配役の全てを1年生に任されています。
1年生はキャンプの1日目に決まったグループで1日かけて話し合い、2日目の午後に成果の発表を行いました。

3分間という短い時間の中で、音響効果を使うグループ、CMのパロディを入れるグループ、ダンスの披露するグループなど、それぞれのグループで工夫を凝らしながらオリジナルの「その後の物語」を発表してくれました。

当日の詳しい様子は、日本語日本文学専攻コースでのFacebookページで紹介しています。
そちらも是非ご覧ください。

学生サポーター学生サポーター(2年生、大学院生)

アイスブレイクの様子アイスブレイクの様子

1年生の発表の様子1年生の発表の様子

ページの先頭へ戻る