「基礎英語Basketball」を実施しました。

2016/06/28

 立正大学文学部では全学科1年生を対象に「基礎英語」を必修科目としています。「基礎英語」では、「日常会話ができる英語力を身につけること」を目標としており、1期と2期で日本人とネイティブの教員が交代で授業にあたっています。

 普段の授業では、学科・能力(TOEICスコア)別でクラス分けがされていますが、今回の「基礎英語Basketball」はクラスの枠を超えた交流を目的に、有志の学生で「英語でのバスケットボール」にチャレンジしました。

 当日(6月25日)は15名の学生が参加し、ローズ先生の英語での説明に一生懸命耳を傾けながら、ウォーミングアップやシュート練習、チーム対抗戦、と2時間のプログラムで爽やかな汗を流しました。

当日の様子

ページの先頭へ戻る