「現代都市論」授業内講演会のお知らせ

2015/12/15

このたび立正大学社会学会講演会助成費による講演会を「現代都市論」の授業内で下記のように開催いたします。

講演テーマ:東京における都市の再開発と諸課題
講演者:岡安剛氏(オカヤス タケシ)
所属:株式会社 コスモスイニシア 流通事業部 田町営業所 所長

講演内容
本講演では、近年の東京はどのようにその姿を変えていくのかを解説します。特に都心部を中心に不動産価格が高騰している現実について具体的にお話ししていただきます。不動産高騰の背景には、アベノミクスによる物価上昇、東京オリンピックへの期待感、国と民間ディベロッパーによるエリア開発、円安による海外資金の流入、消費税増税前の需要など複合的な要因が絡まりあっています。近年、「住みたいまちランキング」の上位を占めていると地区についてと、大崎エリアについても再開発の現状をお話しいただく予定です。
専門的な予備知識は不要ですので、履修登録していない学生でも聴講可能です。不動産業界についても情報が得られます。講演には、入社1年目の女性もアシスタントとして参加してくださる予定です。
どうぞ新たな知識を実社会から学べる絶好の機会ですので奮ってご参集ください。

授業科目名:現代都市論
期日:2015年12月18日(金曜日)、5時限
場所:335教室
申し込み不要

ページの先頭へ戻る