教育研究上の目的・3つの方針

教育研究上の目的

社会学科は、学部の教育目的に則り、社会学の専門知識を学ぶとともに、複雑化した現代社会を分析できる能力を備えた人材を育成すること、ならびに、そのために必要な教育研究を行うことを、人材養成に関する目的その他の教育研究上の目的とする。

3つの方針

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

社会学科は、個人と社会に関わる問題に関心を持ち、社会学的視点に立ってその問題にアプローチし、理解し、分析し、説明できる知識と能力を育成するため、以下を満たした学生に対し、学位を授与します。

  1. 現代社会の諸問題を一定の社会学的理論と方法、および、社会調査の方法技術によって説明できる能力を身につけた者
  2. 他者とのコミュニケーションを前提にしながら、社会学的知識と社会学的想像力という専門性を身につけた者
  3. 卒業論文を提出し、口頭試問に合格した者
  4. 学科所定の単位を修得した者

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

社会学科では、学部の教育目的に基づき、以下のような方針に沿って、教育課程を編成・実施しています。

  1. 本学科の伝統である、理論と実証を基軸として、1年次は基礎的なコミュニケーション能力と社会学的研究に必須の基礎的な技術を、2年次は専門的な研究に入る前の準備段階として基礎的な演習と調査技法を、3年次はより専門性を高めるための演習と実社会における研究として社会調査を、そして4年次はその集大成としての卒業論文の作成を中心としたカリキュラムの構成

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

社会学科では、学部・学科の教育目的に共感した、以下のような者の入学を期待します。

  1. 人と人との相互行為、社会関係、社会的ネットワーク、社会制度や社会のしくみ、社会問題、グローバルな地域関係や国際関係、文化やエスニシティなどに興味・関心のある者
  2. 高等学校卒業程度の広い基礎的な知識と理解力を前提として、より深く専門的に現代社会のダイナミックな動きと多様な社会問題の発生のメカニズムについて学ぶ意欲を持ち、講義等を受動的に聴講するだけでなく主体的に自分の頭で考え行動する姿勢のある者

立正大学 文学部 社会学科Facebook

立正大学 文学部 社会学科Facebook Facebookを開設しています。立正大学の社会学科にかかわるさまざまな情報を提供しています。オープンキャンパスに関わる情報や、実際の講義や実習、研究活動なども紹介しています。Facebookアカウントがなくてもみることが可能です。アカウントをお持ちの方から「いいね!」をつけていただけるよう旬の情報を発信していきます。

詳細はこちら

ページの先頭へ戻る