教員紹介

名誉教授

高嶌正人(日本古代史-政治・社会史-)
中尾堯 (日本仏教史・古文書学)
坂誥秀一(仏教考古学・考古学史)
北村行遠(日本近世仏教史)
奥田晴樹(日本近代史・幕末維新史)

担当教員と専攻・テーマ

日本史

小風秀雅

氏名

小風秀雅  
教授 博士(文学)
Prof. Kokaze, Hidemasa, Ph.D.

専攻

日本近代史・国際関係史・経済史

研究テーマ

日本近代史を、世界史のなかで考える
幕末にはじまる日本の近代化は、世界の一体化(グローバル化)の動きと同時に並行しながら進みました。日本の近代を考える時、欧米やアジアなど世界との関係は重要な要素です。自分の顔は自分で見ることはできません。鏡や画像を使ってはじめて見ることができます。歴史も同じで、とくに近代史では外から見る視点はとても大事です。今の世界を考えるときにも役立つことでしょう。

研究業績等

立正大学教員情報ページ(小風秀雅)

佐多芳彦

氏名

佐多芳彦
教授 博士(文学) 
Prof. Sata, Yoshihiko, Ph.D.

専攻

日本古代史・有職故実

研究テーマ

おもに文化史的な事象に興味を持っています。古代の平安貴族社会の政治や儀式・儀礼と服装の関連などを研究対象としています。なお、中世の庶民を含む、武士や庶民の服装、武具・甲冑にも興味を持ち取り組んでいます。研究の基盤は、有職故実という分野で、儀式・儀礼・服装・調度・乗り物・武装など、極めて広い分野史と呼ばれるものです。いずれも古代にとどまることなく、中・近世を見通しています。文献や絵画を用い、柔軟な発想で、さまざまな歴史と向き合ってみませんか?

研究業績等

立正大学教員情報ページ(佐多芳彦)

石山秀和

氏名

石山秀和
准教授 博士(文学) 
Assoc. Prof. Ishiyama, Hidekazu, Ph.D.

専攻

日本近世史

研究テーマ

江戸庶民の教育と文化
我が史学科には「足で学問する」という言葉があります。博物館や文書館などの資料を活用するばかりでなく、必要に応じて史料の所蔵者から話を聞くことや、対象地域の石造物を調査したり、さらには地域の中心となる寺社などへも赴かねばならない時もあります。調査には体力が必要な時も多々あります。やや辛い作業にも思えますが、新たな発見を見出したときの感動は得がたいものです。

研究業績等

立正大学教員情報ページ(石山秀和)

栗原健一

氏名

栗原健一
特任講師 博士(文学) 
Asst. Prof. Kuribara, Kenichi, Ph.D.

専攻

日本近世・近代史・村落史

研究テーマ

地域に遺されている古文書をもとに、近世・近代の村人・村落・地域について研究しています。特に食糧問題に関心があり、飢饉や災害に備えて米穀等を貯える備荒貯蓄という制度に着目して、その運用実態等を研究しています。全国各地には、文書館・博物館・図書館をはじめ、個人宅などにも数多くの古文書が遺されています。現地へ足を運び、人や史料との出会いを大切にしながら研究しています。

研究業績等

立正大学教員情報ページ(栗原健一)

齊藤研一

氏名

齊藤研一
特任講師 博士(文学) 
Asst. Prof. Saito, Kenichi, Ph.D.

専攻

日本中世史、生活文化史

研究テーマ

学生「中世の人は、病気になる原因をどんなふうに考えていたんですか?」
先生「疫鬼という、病気をはやらせる鬼がいると信じていたらしいよ。」
学生「地震が起きるのは、大地に棲む龍が動くからだという話を聞きました。」
先生「中世の人々が、身の回りのモノゴトに対してどのように考え、受けとめていたのか、
    知りたくないかい? 興味深い研究テーマだと思うよ。」

研究業績等

立正大学教員情報ページ(齊藤研一)

東洋史

野沢佳美

氏名

野沢佳美
教授 博士(文学) 
Prof. Nozawa, Yoshimi, Ph.D.

専攻

東アジア近世史

研究テーマ

中日印刷大蔵経の歴史学的研究、出版文化・交流史
歴史には、教科書で学ぶ歴史、大衆が求める歴史、学問としての歴史の三つがあるといわれています。歴史を科学として学ぶためには、まず基礎知識を蓄えておくことが必要です。それには数種の概説書や通史を丹念に読み込み、読破することが肝要です。
そうした作業を繰り返すなかで、歴史を学問として捉える上で大切な基礎知識や見方が養われていくものと思います。

研究業績等

立正大学教員情報ページ(野沢佳美)

岩本篤志

氏名

岩本篤志
准教授 博士(文学) 
Assoc. Prof. Iwamoto, Atsushi, Ph.D.

専攻

中国古代史

研究テーマ

中国古代社会史・東アジア文化交流史
最近中国では古代の人々の日常をうかがわせる歴史資料が次々と発見されています。
私はそうした生活に緊密な知識を記した典籍がどのように読まれていたのかを研究しています。とりわけ医術や占術に関する知識がどのように生み出され、後の時代に継承され,東アジア諸国にどのように影響を与えたのかに関心をもっています。また、敦煌文献や現地調査を通して10世紀以前のユーラシア大陸における東西文化交渉史の研究もしています。

研究業績等

立正大学教員情報ページ(岩本篤志)

西洋史

大野誠

氏名

大野 誠 
教授 
Prof. Ohno, Makoto

専攻

西洋近代史

研究テーマ

イギリス近代史
ニュートンやダーウィンが活躍した国、イギリスの科学、技術、工芸の歴史を研究しています。出身学部は工学部なので、昔は理系でした。その後、科学史を経てイギリス史・西洋史にたどり着きました。歴史研究の面白さは、人でも物でも、思想でも社会でも、何でも対象にできる奥の深さと共に、史料を探し、そこから立論していく方法にあると思っています。構想力と共に実証性も必要です。これをちゃんと学べば、人間として成長できるはずです。

研究業績等

立正大学教員情報ページ(大野 誠)

森田直子

氏名

森田直子
准教授 博士(Dr. Phil.) 
Assoc. Prof. Morita, Naoko, Ph.D.

専攻

西洋近代史

研究テーマ

ドイツ近代史
「歴史学」は、ドイツ語でGeschichtswissenschaft と言います。日本語と同様に、歴史= Geschichte と、学問( 科学) = Wissenschaft をつなげた言葉ですが、実は、Geschichte には「物語(ストーリー)」という意味もあります。私は、学生時代にトーマス・マンの物語『ブッデンブローク家の人々』を読んで感動して以来、その小説に出てくるような19 世紀のドイツの都市と市民層の歴史=物語をメイン・テーマに研究しています。

研究業績等

立正大学教員情報ページ(森田直子)

考古学

池上悟

氏名

池上 悟
教授 博士(文学) 
Prof. Ikegami, Satoru, Ph.D.

専攻

日本考古学

研究テーマ

古墳時代の総合的研究、歴史時代の遺跡の研究
考古学の扱う範囲は広く、年代も長期に及ぶ。過去の人間の遺した活動の痕跡をもとにして、当時の状熊を復元するためにさまざまな視点で研究されている。考古学は野外の発掘により資料を得る実践的な学問であり、教室のみでは学ぶことができない。また考古学的知識・技術を習得すれば専門職への道が開かれており、全国で活躍している立正考古学の先輩諸氏に続いていって欲しい。

研究業績等

立正大学教員情報ページ(池上悟)

時枝務

氏名

時枝 務
教授 博士(文学) 
Prof. Tokieda, Tsutomu, Ph.D.

専攻

宗教考古学・日本考古学

研究テーマ

考古資料を用いて、仏教・神道・修験道などの宗教の歴史を研究しています。野外調査によって中世の寺院・仏堂・行場の実態を解明し、従来おもに文献史料を素材に研究されてきた中世仏教を、考古学の視角と方法で考え直す作業を進めています。また、アジア各地の仏教遺跡を踏査し、日本の仏教遺跡を広い視野から検討するための準備をおこなっているところです。

研究業績等

立正大学教員情報ページ(時枝務)

博物館・学芸員課程

紺野英二

氏名

紺野英二
特任講師
Asst. Prof. Konno, Eiji

専攻

博物館学・考古学

研究テーマ

考古学は、モノを対象とした学問です。モノを通して人類の歴史や文化を研究するからです。発掘調査などで土器したモノ(資料)を収集し、保存、研究した成果を発表していきます。これに対して、博物館では、モノ(資料)を収集、保存、調査・研究し、その成果を発表していくという点では、同じです。しかし、考古学の研究発表は、基本的に専門家や研究者に向けて発信しますが、博物館は、“展示”という手段を用いて、モノ(資料)を公開するという特徴があります。さらにその対象も、研究者だけでなく、一般の人びとに広く公開するという点でも大きく異なります。さらに、収集、保存、調査・研究した資料を見学者にどのように表示するかも考えなくてはなりません。

研究業績等

立正大学教員情報ページ(紺野英二)

語学教育課程

時國滋夫

氏名

時國滋夫
特任講師 
Asst. Prof. Tokikuni, Shigeo George

専攻

コーパス言語学・ESP・技術翻訳

研究テーマ

英語を学んだり使ったりするときに、どのようなことをどの程度まで検討し考慮し知っていればいいのかということに関心を持っています。そのための切り口として、英語の文章や会話の内容を記録し集積したコーパス (corpus) と呼ばれる資料を分析し研究を行う、コーパス言語学、医学や工学などの特定分野での英語を分析し研究する、English for specific purposes (ESP), 文化を考慮しながら2つの言語間で行き来する技術翻訳を使います。

研究業績等

立正大学教員情報ページ(時國滋夫)

立正大学 文学部 史学科Facebook

立正大学 文学部 史学科Facebook Facebookを開設しています。立正大学の史学科にかかわるさまざまな情報を提供しています。オープンキャンパスに関わる情報や、実際の講義や実習、研究活動なども紹介しています。Facebookアカウントがなくてもみることが可能です。アカウントをお持ちの方から「いいね!」をつけていただけるよう旬の情報を発信していきます。

詳細はこちら

ページの先頭へ戻る