歴史と沿革

1580(天正8)日蓮宗の教育機関として下総国飯高郷(現千葉県八日市場市飯高)に飯高檀林創設
1924(大正13)5月 大学令による立正大学設立認可、財団法人立正大学・同学則認可、文学部(宗教学科・哲学科・社会学科・史学科・文学科)・予科・研究科を設置
1949(昭和24)2月 新制立正大学設置認可、仏教学部・文学部(哲学科・史学科・国文学科・社会学科)を設置
3月 第2部設置認可、仏教学部、文学部(史学科・国文学科・社会学科・地理学科)を設置
1950(昭和25)3月 文学部英文学科(第1部・第2部)増設認可
1953(昭和28)11月 『立正大学文学部論叢』創刊
1960(昭和35)4月 立正大学人文科学研究所設置
1964(昭和39)3月 『立正大学人文科学研究所年報』創刊
1986(昭和614月 英文学科を英米文学科と名称変更
1992(平成4) 10月 開校120周年記念式典
1993(平成5)12月 文学部(史学科・国文学科・英米文学科・社会学科・地理学科)昼夜開講制・夜間主コース設置認可
1994(平成6)1994(平成6) 5月 文学部創設70周年を迎える
9月 『立正大学文学部論叢』第100号刊行
12月 文学部(哲学科)昼夜開講制・夜間主コース設置認可
2001(平成13)4月 文学部(哲学科・史学科・国文学科・英米文学科・社会学科)昼間コースを昼間主コースに名称変更
5月 文学部文学科設置認可(国文学科・英米文学科学生募集停止)
2004(平成16)5月 文学部創立80周年を迎える
11月 創立80周年記念祝賀会を挙行
2006(平成18)大崎キャンパスでの4年一貫教育がスタート 夜間主コース廃止、昼間主コースに一本化
2012(平成24)8月 開校140周年を迎える

ページの先頭へ戻る