専門科目

基礎科目を前提として、文学部には「学科専門科目」「共通専門科目」「資格専門科目」が用意されています。

学科専門科目

学科専門科目は、所属する学科・専攻コースの専門的能力を深く身に付けてもらうために、少人数ゼミを中心にした学科・専攻コース独自の科目です。
詳しいカリキュラム体系は各学科・専攻コースのページをご参照ください。

  1. 哲学科
  2. 史学科
  3. 社会学科
  4. 文学科日本語日本文学専攻コース
  5. 文学科英語英米文学専攻コース

また、立正大学ではシラバスの公開も行っております。興味のある授業内容を是非ご参照ください。

共通専門科目

学部の専門領域を超えた多彩な専門科目を履修しながら、興味の対象を広げるとともに、自らの研究テーマの追求をより柔軟に行えるようにするために設置されています。文学部では学部指定の一定の枠内での専門科目を履修できるようになっています。専門領域を超えての科目履修は、より幅広く深い教養と専門分野の知識を育むために、大きな役割を果たしてくれます。社会でのさまざまな問題に対してより横断的に探求する姿勢を育成するとともに、問題解決への対応力を養ってくれます。また、海外に出て異文化を肌で体験しながらその国の言葉を直に学ぶ海外文化・語学研修科目も開設しています。

本をめぐる科目

共通専門科目では「本をめぐる科目」を開設しており、出版・編集などの専門的で実践的な知識が学べるようにしています。その知識は皆さんの専門領域の研究を支えるだけでなく、出版・編集などへの就職にも役立つことでしょう。さらに、教室を出て遺跡や博物館や美術館を訪れたり、演劇や歌舞伎などを鑑賞したり、実地調査やボランティアに参加したりなど、実体験型の体験学習という科目も取り入れています。

資格専門科目

さまざまな専門資格を取得することを目的として開設されています。平成25年度現在は教職課程、図書館司書課程、博物館学芸員課程における一部科目を卒業単位として認定しています。就職活動を積極的にサポートする役割もあります。

ページの先頭へ戻る